【UV対策】シミ対策に!紫外線・日焼けを防ぐおすすめグッズを紹介!

 投稿日:2018年7月26日  更新日:

真夏の太陽

夏の厳しい暑さの日中、外出する際には紫外線すごく降り注いでいることを理解すべきです。紫外線を大量に浴び続けると、後々シミに悩まされることになるからです。極力紫外線を浴びないようにするためにおすすめのグッズを以下でいくつか紹介していきます。

●日傘をさして外出すべし!

夏の日中、日傘をさして街中を歩いている女性は多くみられます。これはみなさん紫外線を極力浴びないために行っている対策でしょう。「日傘をさす」という対策は正解です。しかし、「雨の日に使う傘を日傘代わりにしてもいいだろう」と思っている人、これは正解とは言えません。

現在販売されている日傘はUV加工を施していたり、遮光率を高めていたり、紫外線対策したものが多いですが、普通の雨傘の場合、紫外線をどうにかすることは想定していません。ですから普通の傘をさしても全く意味なしとは言いませんが、あまり効果は期待できないでしょう。

定期的に買い替えを行うべし

日傘は3年に1回くらいのペースで買い替えをした方がいいです。

というのも日傘の表面を紫外線除去でカバーしているのですが、時間の経過とともにどんどん劣化するからです。購入直後のUVカット率を維持できるのは平均すると1~2年くらいと考えられています。3年も経過すれば、紫外線対策の効果はかなりダウンしていると推測できます。

どのくらいの大きさのものを購入すればいい?

日傘の傘の部分が大きければ大きいほど、紫外線から体を守ることができます。

でもあまり大きくなると重みも増して、ずっと持ち続けて歩く場合、意外と大変です。重さとのバランスを考えると、直径100cmくらいの日傘がおすすめです。それでも重たくて長時間差すことが難しいなら、直径85~90cm程度の大きさの日傘を持ち歩いた方がいいでしょう。

●夏は帽子をかぶって外出が常識!

夏、日差しの厳しいときに外出する場合には、帽子をかぶった方がいいでしょう。帽子をかぶることで、頭部から顔の部分の日焼けを予防できるからです。帽子を選ぶ際にはつばに注目することがポイントになります。

シミ対策はつばの広い帽子がおすすめ

UV対策のために帽子を購入するのなら、できるだけつばの広いものをチョイスするのがおすすめです。

つばと紫外線の関係については研究が行われており、つばが10cmのものと7cmのもので被った人が受ける紫外線量を比較すると、たった3cmの違いなのに浴びた紫外線量は実に25%も違ったといいます。見た目にはそんなに大きな違いはないかもしれませんが、紫外線を浴びている量は全然違ってくるのです。

ハット型のものを購入すべし

帽子はいくつもの種類がありますが、キャップ式よりもハット式の方がつばが帽子を取り囲むように取り付けられているので紫外線をよりきちんとカットしてくれます。

特にうなじや耳の裏側は紫外線を浴びやすいですから、後ろにつばが付いていて、このような個所もしっかりカバーできるような帽子を身につけて外出しましょう。

●紫外線対策で重要なのはサングラスの装着!

日差しの強いときにサングラスを装着して外出する人がいます。海外では当たり前の光景かもしれませんが、日本ではサングラスをかけて外出するのはまだまだ少数派かもしれません。

しかし、このサングラスを装着する対策は大変有効な紫外線対策になります。

そもそもシミができるのは、メラニン色素が過剰に分泌されるからです。そしてこのメラニン色素の生成を促進する要因の中の一つに、があります。瞳で紫外線を受けると、これが脳を刺激します。そして「メラニン色素をたくさん出して肌を守れ」という指令が出てしまいます。ですから瞳に紫外線を極力入れないことが大事です。

透明なサングラスもある

サングラスというと黒っぽいレンズで、暗くて見えにくい眼鏡と思う人もいるでしょう。しかし最近は透明のサングラスも発売されています。実はグラスの色はあまり関係なく、UVカットのサングラスならシミ対策は十分期待できます。

●まとめ

若いうちはいいかもしれませんが、夏場に紫外線を大量に浴びるとそのダメージは蓄積され、シミになるリスクが高くなります。ですから極力紫外線を浴びないようにすることが大事です。紫外線対策=日焼け止めクリームをイメージするかもしれません。しかし上で紹介したようにそのほかにも有効な対策ができるグッズはいろいろとあります。しっかりと対策してから外出することを心がけましょう。

関連する記事

-シミ取り

Copyright© いちごあじ , 2018 AllRights Reserved.