出来てしまったシミはどうする? おすすめのシミ対策を一挙公開!

 投稿日:2018年8月22日  更新日:

出来てしまったシミを諦める必要はありません。シミ対策を知っておけば必ずキレイになるのでご安心ください。

●自宅でできる簡単シミ対策

◯クリームや飲み薬でキレイにできる

できてしまったシミ対策は自宅でも簡単に取り入れることが出来ます。シミを取る飲み薬やシミ取りクリームを取り入れてみましょう。

例えばシミ取りクリームですが、毎日継続しているスキンケアのひとつとして取り入れます。美白成分が含まれているクリームを使い続けることで徐々にシミがキレイになっていきますし、美白クリームの多くはシミを予防するための成分が含まれています。シミをキレイにしながら、シミが出来にくい肌環境を整えるのです。

飲み薬は市販されているものもありますが、直接服用するものなので、心配な場合は皮膚科で診察を受けてシミに効く飲み薬を処方してもらうといいでしょう。このとき、塗り薬も処方してもらえますが、どちらも美容を目的とした診察なので保険が適用されません。節約したいという場合は市販されているシミ取りクリームや飲み薬でももちろん問題はないのでご安心ください。薬局に在中している薬剤師さんに相談しながら選ぶのもひとつの方法です。

◯ピーリングも効果的

シミを取る方法のひとつにピーリングがあります。色んなスキンケアが発売されていて、自宅でもピーリングが出来る時代になりましたが、ピーリングとは肌表面の古い角質をこすりとる方法なので、やり過ぎてしまうと肌表面に傷がついてしまう可能性も捨てきれません。ピーリングでシミを消すなら素人判断で進めるよりも、皮膚科でピーリング治療を受けたほうが肌トラブルを防ぐことが出来ます。

●美容クリニックでシミをキレイに

◯フォトフェイシャルでキレイに

フォトフェイシャルとは美容クリニックで行っている施術のひとつです。光治療でシミのほかにも毛穴、くすみ、たるみなどの悩みを解消してくれます。IPLという光を使って肌を照射します。これによってシミの原因となっているメラニン色素がダメージを受けてシミがキレイになっていくという仕組みです。この施術は肌の細胞を活性させてくれるので、肌本来の働きを促します。ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの成分が活性化されることでシミ対策のひとつになります。

◯レーザーでシミ治療

一言でシミを治療するレーザーと言っても色んな種類があります。それぞれシミの種類の合わせてレーザーの種類も違うのですが、例えばソバカスや老人性色素班の場合はYAGレーザーが一般的です。そのほか、シミ、あざ、脂漏性角化症、花弁状色素班などはQスイッチやルビーレーザ、くすみやソバカス、赤みなどにフォトRF、色素沈着や肝斑にはレーザートーニング、脂漏性角化症など様々なシミに炭酸ガスレーザーが使われます。

シミの種類は自己判断が難しいです。施術を受ける前に担当医による診断が行われ、その診断の結果、適したレーザー治療が施されます。

ちなみにレーザー治療を受けた後は必ずダウンタイムが必要です。ダウンタイムとは、お肌を休ませてあげる期間を言います。ダウンタイムの間、肌はいつも以上にデリケートになっているので、刺激から守ってあげなければいけません。

そのため、いつも以上に気を付けたいのが保湿ケア、紫外線対策、処方された塗り薬をしっかり塗ることです。もちろん、今まで通り洗顔することは可能ですが、サウナに入って大量の汗をかいたり、激しい運動などは10日前後は控える必要があります。

レーザー治療を受ける際、適した時期があります。それは紫外線が弱まった時期です。ギラギラ太陽が照り付ける時期だけでなく、紫外線は一年を通して降り注いでいます。その中でも10月の秋ごろから3月の春先ごろまでは紫外線のパワーが弱くなるので、この時期にシミを取るためのレーザー治療を受けるといいでしょう。この時期以外でも治療を受けることは可能ですが、先ほど話したように保湿ケアや紫外線対策は、いつも以上に気を付けなければいけません。

結婚式や同窓会など、肌をキレイにしたい時期が分かっているなら、出来るだけ早めに施術を申し込んだほうがいいでしょう。

●まとめ

シミの悩みは解決できますから、一人で悩まず自分に合うタイプのシミ対策を取り入れてみてはいかがでしょうか。

-シミ取り

Copyright© いちごあじ , 2018 AllRights Reserved.