飲み薬のトラネキサム酸でシミの悩みを解消できる

 投稿日:2018年8月22日  更新日:

シミをキレイにするためには、毎日のスキンケアだけでは物足りなさを感じるはずです。そんな時は内服薬を取り入れてみましょう。

●トラネキサム酸の特徴

◯シミに対する効果

シミを取るための飲み薬としてトラネキサム酸を取り入れる人が増えてきました。人工的に合成されたアミノ酸のひとつで、日本で販売されているのは商品名が「トランサミン 」というものです。

本来は血を止めるための止血剤として使われていた薬でしたが、シミや黒ずみをキレイにする美白効果があることも分かったのです。そのため今はシミをキレイにするための治療のひとつとして積極的に使われています。特にシミの中でも肝斑に非常に高い効果をもたらすことで知られています。

もう少し話をかみ砕くと、トラネキサム酸はビタミンCと一緒に取り入れるといいことが分かっています。その理由は、トラネキサム酸はシミを生み出す元を除去してくれるため、さらにビタミンCは肌を健康な状態に保ちつつ、シミを薄くしてくれる作用ともたらすためです。

◯ちょっと気になる副作用

病院で使われる医薬品の多くは副作用のことが気になります。トラネキサム酸もそのひとつですが、もともとは副作用の少ないことで知られています。しかし、止血剤として使われていたことからも分かるように、血栓症を患っていて血栓ができやすい状態の方は注意が必要です。多くは服用することをやめるようにアドバイスされるでしょう。

医師による診断の結果、安心して服用できることもありますが、一人ひとり肌状態が違うので、トラネキサム酸と一緒にハイチオールやユベラ、ビオチンなどのビタミン剤が処方されることもあるので、血栓症を患っていたり、ほかの病気を患っていて薬を飲んでいるという場合は必ず飲んでいる薬を申告し、飲み合わせなども確認してもらいましょう。

●シミをキレイにする飲み薬

◯シナール配合錠

シミだけでなくくすみにも作用する飲み薬のひとつです。飲み薬でシミをキレイにするためには欠かせないビタミン剤のひとつで、美白効果のあるビタミンCだけでなく、ビタミンCの働きをサポートするためのパントテン酸が配合されています。

シナール配合錠の働きは、シミが出来てしまう元となっているメラニンの生成を抑える働きはもちろんのこと、出来てしまったシミや残ってしまった色素沈着を徐々に薄くする働きをもたらしてくれます。

また、肌の生まれ変わりターンオーバーのはたらきを促すためのコラーゲンを生成したり、抗酸化作用によってアンチエイジング効果ももたらします。また、皮脂が出すぎる状態を抑える作用もあるので、毛穴レスも可能です。驚くことに、免疫力を高めてくれる効果もありますし、シミをなくすだけでなく、美容効果も期待できます。

○効果が感じられないのには理由がある

トラネキサム酸やシナールの効果が感じられないのにはいくつか理由が考えられます。例えば胃腸の働きが弱っていませんか? どんなに優れた有効成分を服用したとしても、胃腸の働きが弱っていれば成分が体の中に吸収されにくくなります。そのため、毎日飲み続けても効果が感じられない状況い陥ります。風邪などを引いている場合は一日も早く治すことが大事ですし、暴飲暴食が考えられるなら毎日の食事を見直す必要があります。

また、コラーゲンが不足しているとターンオーバーの働きが鈍ってしますので、内服薬を飲むのと同時に、シミ対策としてコラーゲンを補うことも取り入れてみてください。ちなみにコラーゲンの効果はビタミンCと一緒に補うこで高めることができます。

●まとめ

シミをキレイにすることは不可能ではありません。内服薬を取り入れることでシミの悩みも解消されますから、悩んでいないで近くの皮膚科などで相談してみてはいかがでしょうか。

-シミ取り

Copyright© いちごあじ , 2018 AllRights Reserved.