フォトフェイシャルなど光治療でシミをキレイにできるってホント?

 投稿日:2018年8月22日  更新日:

フォトフェイシャルでシミをキレイにしたいなら、特徴や効果を知っておくと不安が解消されるでしょう。

●フォトフェイシャルはどんな施術なのか

◯光治療のひとつ

フォトフェイシャルという名前からも分かるように、写真を撮るときにたかれるフラッシュに似た光を使ってシミを取る施術をいいます。IPLとはフォトフェイシャルの別名で、クリニックや皮膚科によってフラッシュ治療と呼ばれることもあります。ちなみに光治療はライムライトと呼ばれることもあります。iplとはIntense Pulsed Lightの略です。

非常に優しい光を使って行われる施術なので、美容医療に分類されます。もちろんその安全性は高いので、どなたでも安心して受けることが出来ます。肌の表面にできてしまったシミだけでなくソバカス、ニキビ跡にも効果を発揮しますし、シワ、たるみなどにも非常に高い効果をもたらす施術として注目されています。

◯フォトフェイシャルにはどんな効果があるのか

ターンオーバーの働きが正常であれば、肌表面の古い角質が次々に剥がれて新しい皮膚が生まれてくるのですが、ターンオーバーの働きが鈍くなると古い角質がいつまでも残ったままになります。

シミがいつまでも残ってしまう原因のひとつですが、メラニンがメラノサイトで作られているので、フォトフェイシャルによって光をメラニンに吸収させることでメラニンが熱を持ち、その結果メラニンが分解されるためシミをキレイにすることが出来ます。肌表面にあるシミに対して非常に高い効果をもたらす施術ですが、肌の深層部にあるシミ、さらに肝斑などには効果が見込めないため、ほかの施術をおすすめします。

●フォトフェイシャルが人気のワケ

◯メリットが気になるところ

通常レーザー治療となるとピンポイントで照射されますが、フォトフェイシャルの場合は広い範囲に照射できるパルス幅で顔全体を施術することが出来ます。顔全体にシミがあるという方におすすめの施術と言えるでしょう。

さらに、肌に対する刺激が非常に少ないので、痛みを感じることがありません。シミをキレイにしたいけれど痛みに弱いから施術は無理という方でも安心して受けることができるでしょう。敏感肌という方でも皮膚に対する負担が少ないのでおすすめです。痛みが少ないので麻酔がいらないのも安心ではないでしょうか。輪ゴムでパチンとされたぐらいの痛みなので麻酔が必要になることがありません。

値段のことも大きなメリットのひとつです。あくまでも相場ですが、1回あたり10,000~30,000円が一般的な治療費です。フォトフェイシャルの場合は顔全体に照射できるので、ピンポイントに照射するレーザーに比べるとお手頃価格で施術を受けられます。

施術後のタイムダウンがないのもフォトフェイシャルが人気の理由のひとつかもしれません。そのため、周囲に施術を受けたことがバレにくいというメリットもあるのです。

◯どのぐらい通う必要がある?

フォトフェイシャルでシミをキレイにするためには何度か通う必要があります。刺激が少ないということは、フォトフェイシャルの光の力が強くないということですから、効果を高めるためにキレイになるまで間隔をあけて通い続けます。ちなみに平均すると、最低でも5回は通うことでシミをキレイにできます。

施術の時間はトータルで30分から40分ですが、照射する時間はだいたい10分から20分が一般的です。タイムダウンがないので、施術が終わったらそのまま化粧室でメイクをして帰ることが出来るのもフォトフェイシャルの魅力かもしれません。

●まとめ

毎日ケアを続けてシミをキレイにすることも可能ですが、どうしても急いでいる、自分でケアするのは面倒という場合は、専門機関でカウンセリングを受けてから施術を受けてみましょう。施術当日にメイクもシャワーもOKなので、手軽に施術を申し込む女性が増えているのも納得です。

-シミ取り

Copyright© いちごあじ , 2018 AllRights Reserved.