セルフケアでシミが取れる?治療が必要なシミってどんなタイプ?

 投稿日:2018年8月22日  更新日:

毎日お手入れをしているはずなのに、いつの間にか出来てしまうシミをどうすればキレイにできるのか、シミの種類や、その種類ごとに適したケア法、さらには治療に関するお話もご紹介します。

●シミには種類があるってホント?

セルフケア可能なシミの種類

一言でシミと言っても色んな種類があります。自分のシミはどのタイプなのか、セルフケアが可能なのか気になるところです。女性雑誌などでも取り上げられる機会が多い「肝斑」は、女性ホルモンが乱れてしまうことや紫外線の影響出来てしまうシミの種類です。「老人性色素班」は、紫外線のほかにストレスや、肌のターンオーバーが乱れることで出来てしまいます。「炎症性色素沈着」は、ニキビ跡、虫刺されや傷が残ってしまった跡がシミになって残ってしまったものです。

 

これらのシミはセルフケアで治すことが可能で、美白成分が含まれたスキンケアを使ったり、ピーリングなどのスキンケアも有効なので、毎日のケアを続けることが、できてしまったシミ対策になります。悩みが解消されるでしょう。

セルフケア不可能なシミの種類

シミを消す方法は色々ある中で、残念ながらセルフケアが不可能な種類もあります。ひとつは「ソバカス」です。紫外線を浴びて出来てしまう場合や遺伝の可能性もあります。「花弁状色素班」と呼ばれるものは、紫外線を浴びたことで出来たシミです。「脂漏性角化症」は、同じく紫外線が原因になったり、年齢を重ねたことが理由で出来てしまいます。

これらのシミはセルフケアで治すことが難しく、専門機関で治療を受けることで治すことが可能です。

●シミ対策に取り入れたい方法

やっぱりサポート力がある美白成分

セルフケア可能なシミと、不可能なシミ、それぞれに適した対策を取り入れることでシミの悩みは解消されます。セルフケアに欠かせないのは美白成分が含まれたスキンケア商品です。シミ対策に有効な美白成分と言えば、シミそのものに作用して色を薄くするサポート力があるエナジーシグナルAMP、シミが出来にくくなるトラネキサム酸やアルブチン、ふたつの作用をもたらすビタミンC誘導体、これらが含まれているものを選びましょう。

この中でも特に注目したいのがビタミンC誘導体です。シミを薄くする作用とシミを出来にくくする作用のどちらも兼ねそろえているため、成分表の中にビタミンC誘導体が配合されているかどうか確認してから購入しましょう。

長く続けていくためには値段も気になります。高すぎると毎日のケアとして続けるのが難しくなります。シミ対策のスキンケアは継続することが大事なので、家計に響かない価格の美白スキンケア商品を見つけることも大切です。

セルフケアが不可能でも大丈夫

専門機関で治療を受ければシミを取ることができます。レーザー治療が一般的で、治療そのものに時間はかかりませんが、治療した肌がキレイに再生するまでに多少時間を要します。個人差はあるものの1~3ヶ月経つと肌が再生されます。

どうしても治療に踏み切れないという場合は、食事やサプリメントを取り入れてみてはいかがでしょうか。ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなど活性酸素が働かないように作用したり、メラニンの生成を抑える働きのある成分です。にんじん、アボカド、かぼちゃ、鶏や豚・牛のレバーなどに豊富に含まれています。

オメガ3系脂肪酸は肌のターンオーバーの働きを促す作用があります。ほうれん草や大豆、鮭などに含まれています。

アスタキサンチンは抗酸化やメラニンの抑制作用がある成分で、カニやエビ、鮭に含まれています。

これらの成分を食事で補いきれないという場合は、これらの成分が含まれたサプリメントを取り入れていきましょう。サプリは医薬品ではなく健康補助食品です。即効性はありませんが、毎日安心して飲み続けることで徐々にシミに作用してくれます。

●まとめ

一度シミが出来てしまったからといって諦める必要はありません。セルフケアや治療で治すことが可能なので、自分に合うタイプの対策法を取り入れて悩みを解消させましょう。

-シミ取り

Copyright© いちごあじ , 2018 AllRights Reserved.