フォトフェイシャル後の赤みや肌荒れにどう対応すべきか

2017年8月21日

Pocket

フォトフェイシャルによってシミやそばかす、あるいは血管拡張の赤みの改善に大きなプラスとなります。ただ、副作用が必ずないというわけではありません。

副作用が起こったときにどう対応するか、何に注意すべきかを把握することの意味は大きいです。


●フォトフェイシャルによっての副作用

フォトフェイシャルによっての副作用の代表となるのが火傷です。光の当たり方が不適切、あるいはパワーが強すぎた場合などに起こります。適切な処置を行わないと跡も残ってしまいます。

ほかにもフォトフェイシャルによっての副作用もないわけではありません。

◯シミやかさぶたと痛みについて

フォトフェイシャルを受けた後にシミやかさぶたになるのは正常な反応であり、このうえから化粧で隠すなどすれば問題ありません。

ただ、ゴムではじくような痛みが気になる人は少なくありません。

痛みの程度は人それぞれ異なるものの、時間の経過に伴って痛みは感じなくなっていきます。

◯肝斑が悪化する

一般的な日焼けによるシミとは異なる肝斑がフォトフェイシャルを受けた後に悪化することもあります。

この部分が気になる場合は、肝斑の治療を平行して行うのがひとつの方法です。また、肝斑が出ている部分を避けて行うのも有効です。

もちろん、場合によってはフォトフェイシャルを受けないという選択も視野に入れるべきでしょう。

●顔の赤みについて

フォトフェイシャルを受けた後には肌が赤くなってしまうこともあります。ただ、基本的には心配することはありません。

滞っていた血行が急激によくなることで、一時的に赤みや火照りがあるだけです。
ほとんどの場合は数日以内に消えていきます。

ただ、薬剤や化粧品が理由となっている場合は話が別です。
アレルギーを起こした場合の赤みとは全く意味合いが異なることを覚えておきましょう。そして、どういった点に注意すべきか頭に入れておくべきです。

◯高い技術が必要な施術

フォトフェイシャルを受けた場合に、化粧水や美容液、あるいはピーリング液やクリームが自分の肌に刺激が強すぎる場合は、アレルギーを起こしてしまって肌が赤くなることもあります。

かゆみや痛みも同時に起こすことも少なくありません。

フォトフェイシャルは基本的に安全性が高いものの、技術が必要な施術となります。

出力の大きさや何度も重なって当たるなどした場合に、技術が伴っていないと赤みやヒリヒリ感につながっていきます。

◯アトピーや敏感肌の人は要注意

アトピーや敏感肌の人はフォトフェイシャルを受けた後に、肌が赤くなることが多くなります。

また、月経中は敏感となっているのも注意点で、生理中を避けるようにするのも基本となります。

さらに、日焼けをしている状態の場合は軽い火傷状態であるため、落ち着くまで待つようにすべきです。

美肌によい光を使用しており、日焼けをする心配はないものの、同様の症状が出てしまうこともあります。

もしも赤みが起きた場合には、担当者に相談するのが望ましいです。

ベストな圧力を調整していくことが、安心して施術を受けられる理由につながっていきます。

●まとめ

フォトフェイシャル後は特別なケアをする必要はないものの、赤みや肌トラブルが起きたときには何が原因であるのかをはっきりさせるのが大切です。

基本的には時間の経過とともに消えていくものの、薬剤や化粧品あるいは施術者のレベルの低さなどが問題の場合もないわけではありません。