ブロガーに学ぶ!直帰率の改善施策

 投稿日:2014年12月9日  更新日:

直帰

こんにちは、kokaです。今回はサイト更新の忘備録「直帰率の改善」です。衝撃的な出来事から直帰率を改善しようと思い立ちました。その経緯と実際にとった対策を紹介し、結果が出たらさらに記事を追加しようと思います。

ブロガーの凄さを実感!驚異的に低い直帰率に刺激を受けた

この前、ブロガーのダリアンさんと話す機会がありまして、運営されている「ダリログ」のGoogle Analyticsのデータを見せてもらったんですが、1日のページビュー数もさることながら直帰率が驚異的な数字でした。(数字は伏せますが…(^_^;)) 当然サイトの滞在時間や離脱率もかなりのもの。
以前、アクセス解析士の方に聞いた一般的なブログの直帰率は、60%台であればかなり優秀らしいのですがそれよりはるかに低いのです。
もちろん、直帰率だけで判断することが無意味なことはわかっていますが、それにしてもあんな凄い数字見たことがありません^^;

直帰率とは?

直帰率とは、閲覧を開始した1ページだけを見て別のサイトに移動したりブラウザを閉じたりしたユーザーの割合です。一般的に低いほうが良いといわれていますが、リピーターの割合や新規ユーザー数などに大きく左右される数値ですので、サイトの状況を判断する目安のひとつくらいに考えるとよいでしょう。ただし、滞在時間が短く直帰率が高い場合は至急改善の必要があります。

私が運営しているサイトでは直帰率が80%を越えているものがざらであり、良くて70%台です。運営サイトのタイプが違うので単純に数字を比較してもしょうが無いのですが、あまりにも衝撃だったのでダリアンさんに直帰率を減らすために何か特別なことをしているのか聞いてみました。

ダリアン「ユーザーの誘導、動線にはこだわっています( ー`дー´)キリッ」

カッコイイ!

ひたすらかっこいいです!ダリアンさん!!

ダリアンさん曰く、特別な事をしているつもりはないけれど、記事中のリンクの張り方にはブログを開始した当初から気を使っているらしいです。そのため、運営開始より直帰率はほとんど変わっていないとのことでした。

他にも更新に関する秘訣を色々と教えてもらったんですが、今回はすぐにできるものを我がサイトで実験してみることにしました。

ダリログとは?

パズドラ300ランカー!ダリアンさんが運営するブログです。パズドラネタはもちろん、iPhone、Macに関連するネタも多数掲載されています。
http://i-dariann.com/

[wpshot url="http://i-dariann.com/" width="300"]

直帰率を改善するためのサイト更新

それではブロガーのダリアンさんに教えてもらった直帰率の改善に効きそうな施策をご紹介します。これで効果がでてくれるといいのですが^^;

ブロガー直伝!直帰率の改善に効きそうな施策

  • 関連する記事への誘導のためのリンクを張る。
  • 記事の最後に自分で作成した関連する記事のリンクユニットを張る。

上記をWordPressで運営するブログの一番アクセスの多い記事で試してみることにします。内容的には何を今更と言われるような当たり前のものなんですが、ダリアンさんとの話で改めて基本の重要性を再認識したこともあり、真面目に実践してみることにしました。それでは詳細をご紹介しましょう。

関連する記事への誘導のためのリンクを張る。

まずは関連する記事への誘導のリンクを張るです。今回実験するサイトはWordPressを使用しているので、同一タグ中からランダムで記事を選びサムネールとともに表示するリンクを作成しました。ランダムではありますが、同一タグであるため記事の親和性は高く、より関連度の高い記事が表示されると思います。また、ランダムで表示することにより何度も訪れたとしても、その度に新しい記事を紹介することができます。

さらに、このリンクに興味を持ってもらえるように、リンク部分をクイズ形式にしました。以前、twitterからサイトへの誘導をした際に、クイズ形式でのつぶやきにしたところクリック数が増えたという経緯があったため、今回の実験にも導入してみました。クイズ形式にすることでより興味を持ってもらえるはずです。

記事の最後に自分で作成した関連する記事のリンクユニットを張る。

関連記事は今まではWordPressのプラグインの機能で表示していただけでしたが、今回は記事に関連したリンクをチョイスしてオリジナルのリンクユニットを作りました。もちろん、アンカーテキストも単純な記事のタイトルではなく、記事にマッチするようにユーザーに興味を持ってもらえるように調整しています。ちなみに、ダリアンさんは複数パターンのリンクユニットを用意していて記事ごとに使い分けているそうです。

単純ですが、まずはすぐに出来る上記二つを試してみます。

現在のページの状態を確認

それでは最後に今回実験するページの現在の状態を確認してみましょう。下記が過去30日間のデータ(11/5〜12/4)です。これが今回の施策によって1ヶ月後にはどうなるのか?結果がいまから楽しみです。

11/4〜12/3の直帰率データ

 

以上、ブロガーに学ぶ!運営サイトの直帰率の改善施策でした。
はたして結果がどうなるのか、個人的にとても興味があります。一ヶ月後に直帰率の変化を記事にしてご紹介しようと思いますので、お楽しみに!!
それでは乞うご期待!

-web関連, サイト更新日記

Copyright© いちごあじ , 2018 AllRights Reserved.