もと取ったどー!サイト購入から1年の経過報告。

 投稿日:2018年7月20日  更新日:

サイト購入こんにちは、kokaです。

今回は私が初めてサイトを購入してから1年が過ぎたので、改めて経過報告とサイト売買についてご紹介します。

以前、サイトを購入して半年の途中経過を書きましたが、そこからさらに時間が経過してどうなったのか?売上は?アクセスは?

また、他にサイトを購入、売却するのにオススメ方などをご紹介しています。

なお、購入したサイトについてやサイトの選び方など詳しく知りたい方は、過去記事の「サイトの買い取り体験談」をご覧ください。

購入したサイトは1年経ってどうなったか?

1年前に226万円(手数料込み)のアドセンスサイトを購入しました。
月の売上は8万円です。

そして現在、どうなったか?

結論からいえば1年2ヶ月でもとが取れました!

売上の推移をご紹介しましょう。
もともとアドセンスサイトでしたので、アドセンスとASPを分けてご紹介したいと思います。

 購入後の売上の推移

アドセンス ASP 合計
4月 28,147円 0円 28,147円
5月 104,666円 0円 104,666円
6月 97,550円 1,289円 98,839円
7月 125,725円 3,524円 129,249円
8月 143,730円 23,830円 167,560円
9月 145,713円 41,754円 187,467円
10月 134,711円 42,035円 176,746円
11月 116,525円 59,432円 175,957円
12月 95,870円 33006円 128,876円
1月 99,885円 29,991円 130,519円
2月 95,870円 42,954円 130,519円
3月 149,665円 42,954円 215,158円
4月 151,442円 63,938円 215,380円
5月 186,145円 81,916円 268,061円
6月 146,862円 96,011円 242,873円
 合計 1,822,019円 568,875円 2,390,894円

ご覧のように2018年6月で購入金額を上回りました。

購入時の売上(8万円)から逆算すると2年4ヶ月での回収予定でしたが、半分の期間で回収できたことになります。予定ではASPの売上がもう少しいくはずでしたが、まあまあでしょう。

売上を比べれば購入時から約3倍になっています!

アクセス数はどうなったか?

売上は3倍とご紹介しましたが、アクセスも気になりますよね。

それでは2017年6月2018年6月のGoogle Analyticsの比較データをご紹介しましょう。

Google Anlyticsユーザー数

Google Anlyticsのユーザー数の比較

Google AnlyticsのPV数の比較

Google AnlyticsのPV数の比較データ

曜日の関係でグラフがズレていますが、トータルで比べるとページビュー数とユーザー数ともに1.5倍ほどになりました。
下の画像が数字のデータです。

Google AnlyticsのPV数、ユーザー数のデータ

このように、アクセスは1.5倍なのに売上が3倍になっているので、マネタイズが上手くいったと言えるでしょう。

なお、購入したサイトについて詳しく知りたい方は、過去記事の「サイトの買い取り体験談(別窓)」をご覧ください。

購入後に行った5つの施策

修正

次は購入したサイトの売上を上げるためにおこなった5つの施策をご紹介します。

1. アドセンス広告の見直し

まず最初にしたことはアドセンスの広告の見直しです。

掲載されていたのが「レクタングル」のみでしたので、それをすべて「レスポンシブ」に変更し、いくつか「リンクユニット」を追加しました。

特にアクセスが多い記事には「記事中広告」も追加しました。

2. Amazonアソシエイトの導入

次に導入したのが「Amazonアソシエイト」です。

購入サイトはアドセンスが貼ってあるだけでした。
アクセスがある記事を分析してみましたが、普通に商品を紹介できそうな内容です。そこでアクセスがあるページのみAmazonアソシエイトを導入しました。

ただし、ASPの「もしもアフィリエイト」を経由してです。

「もしも」を経由している理由は、Amazonアソシエイトと比べて紹介料率が変わらず、振込期間が短く、振込手数料が無料だからです。
上記で紹介した「売上表」の初期のASPの売上はほとんどこの「もしもアフィリエイト」からのものです。

3. アクセスがある記事のリライト

次におこなったのがアクセスがある記事のリライトです。

購入時のサイトは、記事によってはあまり質が高くなかったため、アクセスが高い記事を中心にリライトし、画像やグラフなども追加して記事の質を高めました。
また内部リンクもほとんどなかったため、内部リンクをも増やすなどの施策も同時におこないました。

リライト作業は現在も続いており、最近はプラグインの「CCC」を導入した記事のリライトがメインです。

CCCを使ったリライトに関しては、おおきさん(@ossan_mini )の記事が詳しいのでそちらをご覧ください。

4. 記事を追加した

あとは、ひたすら記事を追加していきました。

購入サイトはPVは集まる内容でしたが、アフィリエイトを載せられるような記事がありませんでした。

そこで同じジャンルでアフィリ案件が書きやすい記事を1年かけて追加していきました。
現在では購入時より200ページ以上増えています。

5. アフィリエイト案件を追加した

最後におこなった施策がアフィリエイト案件の掲載です。

先ほど紹介したように、アフィリエイトの関連記事を追加したことでようやくアフィリエイトに取り組めました。

もともとアドセンスで月に8万も稼いでいるサイトですからPVは持っています。
アフィリエイトを売れば絶対稼げると購入時から考えていました。

ただ、アフィリエイトが当初の予定より稼げていません。
現在9万。1年後にはASPで15万円はいくと考えていましたが、見通しが甘かったです(反省)

1年たった反省点

反省点はありません

購入したことに関しては、後悔も反省点もありません。実際購入したサイトの元は取れたのですから。

ただ、今考えれば、他に新しいサイトを買ったり、新規サイト作ったりせず、もう少しこのサイトにリソースを集中しておけば、売上はまだまだ行けたろうとは思います。
最近は完全にリソース不足に陥ってあまり更新できていませんでしたから。。

来年はサイトに関連した資格を取得予定なので(試験に受かれば)、そうすれば一気に売上もアクセスも加速していくと思います。

今、このサイトの価値は?

せっかくなので購入したサイトについて、もし今の売上の状態でサイトを売ったらいくらになるか、マーケターZさんに聞いてみました。

マーケターZ
直近の3ヶ月平均の23万円をベースに2年分。550万円。ただし、このジャンルは今後の将来性も高く、アフィリエイト収益もさらに伸ばす余地があるので、2年+α(数ヶ月分)とかでも売れる可能性は十分あるので、600万円は超えると思います。

おお!!

購入時の金額が226万円なので、1年ちょっとで3倍近くになったわけです。

仮にここで売っても600万の利益が出ると思えばなかなかの数字です。
とはいえ、まだまだ売上はあげる余地があるので、“今は”売りません( ˘ω˘ )

それにしても、軽い気持ちで聞いたのにZさんはめちゃくちゃ真剣に査定してくれて、ありがとうございます。

サイト購入がオススメの方は?

サイト購入のイメージ

それではサイトを購入して1年経ったからこそ言える、サイト購入がオススメの方についてもご紹介します。

次に該当する方はオススメです。

  1. 急激に売上が伸びて利益が多すぎる方
  2. 大きめの特単をもらっている方
  3. 新しく始めたいジャンルがある方

一つづつ詳しく説明しましょう。

1.急激に売上が伸びて利益が多すぎる方

急激に売上が伸びて利益が多すぎる方にこそオススメなのがサイト購入です。

それはなぜか?

利益が増えすぎると税金が増えますよね?
でも売上もそのまま順調に伸びるとは限りません。

下手をすると売上が落ちているときに高額の税金の支払いという場合もありえます。

そうならないためにサイトを購入し、「利益を先送り」するというのはオススメです。

サイト代は、条件によっては一括で経費にすることができます。
例えば、200万のサイトを購入したとして、その200万が経費になるわけです。

これってかなり大きいですよね?

※サイト売買の税金的なメリットや詳細、税務署の見解などについては、サイト売買Zさんのブログにて詳しく書かれています。興味がある方はご確認ください。

サイト売買は有効な節税手段になりえるか?

2. 大きめの特単をもらっている方

次にオススメなのは大きめの特単をもらっている方です。

特単をもらっているジャンルのサイトを買えば、その特単でいきなり売上をブーストすることが可能です。

例えば、5倍の特単をもらっている方が売上月額10万のサイトを買ったとしたら、実質的に売上50万のサイトを購入したのと同じです。サイト代も5分の1で回収できるでしょう。

この効果も大きいですよね?

3. 新しいジャンルを始めたい方

最後に新しいジャンルを始めたい方にもサイト購入はオススメです。

サイトを購入する一番のメリットは時間を買えるということでしょう。

現在のサイト制作において、アクセスが集まる。売上が発生するまでの時間が以前に比べて長くかかるようになりました。

しっかりとしたweb制作会社にサイトを作成してもらい、単価の高い外注さんにしっかりとした記事を書いてもらったとしても、「半年たってもアクセスが集まらない」「売上が発生しない」というのはよくある話です。

しかし、サイト購入なら実際に売上が上がっているサイトを買うわけですから、買ったその日から売上があるわけです。

時間を買えると考えると素晴らしいですよね?

購入サイトの選び方

購入サイトの選び方やサイト売買Zさんがオススメの理由は過去記事で詳しく書いております。

気になる方はこの記事も読んでみてください。

サイトの買い取り体験談

サイト購入の前に

もしサイト購入に興味を持たれたら、事前にサイト売買Zさんの次の記事を確認しておきましょう。

一発退場もあり!サイト売買で守るべきマナー

サイト売却について

サイト売却のイメージ

先程はサイト購入がおすすめな方を紹介しましたが、逆にサイトの売却についてもご紹介します。
次の項目に該当する方は売却を検討してもいいと思います。

  • 更新が滞っているサイトをお持ちの方
  • 増えすぎたサイトを整理したい方
  • サイト運営を続ける情熱がなくなった方
  • アドセンサーでアフィリエイトの稼ぎ方を知りたい方
  • サイトを売却して別ジャンルや別事業を始めたい方

サイト売却の一番のメリットは、なんといっても未来の売上が一括で手に入るということです。

仮に売上が月に10万のサイトであれば、相場的に240万円(2年分)、人気のジャンルであれば300万円で売れるかもしれません。

月に10万のサイトが、300万も生み出スト考えたらスゴくないですか?

その金額を元手に、次のサイトの準備に当ててもいいし、別のサイトを買ってもいいし、リアルにビジネスをすることもできるわけです。

アフィリエイトの売上は水物

それにサイトの売上は水物です。

定期アップデートやメジャーアップデート、アルゴリズムの変更、手動ペナなどで売上が0になることは珍しくありません。
また、ジャンルが終了したり、案件が終了したり、または強力なライバルが出現したりと、その売上は2年先まで保証されていないのです。

仮に健食サイトの運営者が、去年の11月に健食系のサイトを売っていたとしたらどうでしょう?

または仮想通貨サイトの運営者が、今年の1月に仮想通貨のサイトを売っていたらどうでしょう?

どちらもその当時は評価されていたサイトですから、かなりの金額を手にできたことでしょう。

私もサイト売却を考え中

かく言う私もサイトの売却を考えています。

リソース不足であまり更新できていないサイトが増えてきているので、これらのサイトは売上があるうちに売却を検討中です。

また、さきほど今回紹介しているサイトは売らないといいましたが、600万円では売らないという意味で、月額の売上を伸ばしてもう少し大きい金額になったら売るつもりです。大きい金額で売れれば、別事業の資金にできますからね(^^)

色々紹介しましたが改めて結論を言えば、

「サイトの売却を考えている方にもサイト売買Zさんはオススメですよ!」

ということです(笑)

まとめ

「もと取ったど~!」とか「売上3倍になりました!」っと少し煽り気味に書いおり、冷静に考えると1年かけて月間売上20万ちょっとのサイトを作ったのと変わらないように見えるかもしれません。

たしかに一面だけをみればそうです。

ですが、以前の私がこのサイトを1から作ったとしても1年でこの数字にはたどり着かなかったと断言できます。
なぜなら、このサイトを買ったからこそ手に入れた、前のサイト運営者さんの「サイト作成の考え方」や「ライティング手法」を持っていなかったからです。

つまり、私はサイト売買で売上を買うのと同時に、ノウハウも買うことができたわけです。

このサイトはまだまだ伸びるでしょう。
半年後、1年後には1サイトで100万も可能だと考えています。

このようにサイト売買を利用することでさらに可能性が広がるのは確実です。
買うにしても売るにしても一度利用してみてはいかがでしょうか?




ウェブサイトの売却を検討するなら【サイト売買Z】 

それではまた次の記事で!

-web関連

Copyright© いちごあじ , 2018 AllRights Reserved.